スナップエンドウ 季節の野菜・果物など

スナップエンドウ

image01.jpg

スナップエンドウは1970年代にアメリカから導入されました。豆が熟してもさやごと食べられるほど柔らかで、グリーンピースの甘みとさやエンドウのシャキシャキした食感が一度に楽しめる品種です。その食感がスナックを食べるイメージに近いことからスナックエンドウの名でも親しまれています。4月から6月にかけて旬となります。

スナップエンドウは通常下茹でしてから料理に使います。軽く水洗いして硬いすじを取り除き、2%ほどの塩を加え、沸騰しているお湯の中で茹でます。茹で上がったらすぐに冷水に放ち冷まします。茹で時間を短めにし、食感ときれいな緑色を残すのが料理のコツです。下茹でしたものは、和え物やサラダ、煮物などさまざまな用途に使えます。天ぷらにも使えますが、この場合下茹では必要ありません。

image02.jpg

冷凍する場合は、一度さっと塩茹でしたものを小分けして冷凍します。このときよく水気をきりそれぞれが重ならないように広げて冷凍し、凍ってから密閉袋にいれて冷凍しておくと必要な分だけを取り出しやすくなります。1~2日で食べるようにしましょう。

豆が成長して大きくなっても美味しい品種なので、豆が端から端までつまってふっくらとハリがあるものを選びましょう。実がしっかり詰まっているほうが豆の甘みが楽しめます。ガクはいきいきとしていて鮮やかな緑色のもの、さやの表面に傷や茶色く変色した部分が無いものを選んでください。

キユーピー株式会社より一部抜粋
旬の食材百科より一部抜粋
道の駅公式ホームページより一部抜粋