茨城県と
JAグループ茨城のトップセールス

1月10日(水)大田市場にて「茨城県とJAグループ茨城のトップセールス」を実施しました。

県からは大井川茨城県知事、JAグループ茨城からは佐野会長をはじめ、県内全20JAの組合長や産地関係者の方々が来場し、茨城県産青果物をPRしました。

image1.jpg
image2.jpg
左から大井川知事、川田社長、佐野会長

会場には各JAの特産野菜といちごを展示し、中央には茨城県産の青果物でつくった野菜タワーを置き、特設会場を豪華に飾りました。

image3.jpg
各JAのいちご
image4.jpg
各JAの野菜
image5.jpg
野菜タワー
image6.jpg

大井川知事からは「東京都中央卸売市場における茨城の青果物取扱い実績は14年連続第一位と市場の皆様には大変お世話になっています。
茨城は、はくさい,れんこん,水菜,干しイモと多くの品目の産地であるが、ブランドとしての認識がまだ弱く、その改善が課題。今年、JAなめがたの焼きイモが農林水産祭で天皇杯をとったように、今後も付加価値の高い農産物販売を推進していきたい。」と挨拶がありました。

また、佐野会長からは「茨城県の農業産出額は、北海道に次いで9年連続第2位だが、産出額全国1~3位を占める農産物が31品目もある。
今後は「いいものいっぱいいばらき」のキャッチフレーズのもと、ブランド化に向けて販売に注力していくので引き続き市場の皆様には本県農産物をよろしくお願いします。」と挨拶がありました。

image7.jpg
試食風景
image8.jpg
試食を配る大井川知事

試食には、焼きイモ,白菜とにらのスープ,ピーマンとねぎの和え物,小松菜とれんこんの和え物,いちご,干しイモの6品を提供し、多くの市場関係者から好評を得ました。

image9.jpg
image10.jpg
image11.jpg
image12.jpg

茨城県知事が大田市場に来場しトップセールスが開催されるのは、平成24年度以来5年ぶりとなります。東京青果(株)始め,多くの茨城県産青果物を取扱っている仲卸等の市場関係者参集の下、熱気溢れるトップセールスとなりました。


アーカイブ

Amoreとは

いばらきの農産物

いばらきの農産物出荷時期カレンダー

JA農産物直売所一覧

ダンボール箱のデザインが新しくなります!