JA北つくば
「こだますいか」トップセールス

4月25日(木)、大田市場にてJA北つくば「こだますいか」のトップセールスを実施しました。
産地からは、JA北つくばの吉川組合長、大久保部会長、筑西市の須藤市長をはじめ、産地関係者の方々が来場し、「こだますいか」のPRを行いました。

image1.jpg

須藤市長、吉川組合長、大久保部会長からのあいさつでは、「昨年度に日本農業賞・特別賞を受賞した本産地は、品質・量に関して日本一の産地であります。本年のこだますいかは寒暖の差があったことで非常に糖度の乗りが良く仕上がっています。消費者の皆様においしく食べて頂けるよう丹精込めて作ったこだますいかを、どうか販売宜しくお願いします」との挨拶がありました

image2.jpg
須藤市長
image3.jpg
吉川組合長
image4.jpg
大久保部会長

試食には多くの買参人が集まり、15玉あったこだますいかの試食は開始20分で終了となり、何度も試食していた方も見受けられるほど、場内は大いに賑わいを見せました。

image5.jpg
image6.jpg

JA北つくば こだますいか部会は160名程で構成されており、青年部も充実しています。部会としてシーズン40万ケースの出荷と、今後10年、20年続く産地形成を目指しています。また、JA北つくばでは、二十四節気の立夏(今年は5月6日)を「こだますいかの日」に制定しPRに力を入れています。「こだますいか」の"こだま"は、玉が小さいといった意味ではなく、こだま新幹線が開通した昭和39年に栽培を開始したことから来ています。

第48回(2019年)日本農業賞・特別賞を受賞したJA北つくばの「こだますいか」は5月に向けて出荷最盛期となります。甘くシャリっとした「こだますいか」を皆様ぜひ、ご賞味ください。

image7.jpg

アーカイブ

年間出荷日カレンダー

Amoreとは

いばらきの農産物出荷時期カレンダー

いばらきJA農産物MAP

いいもの いっぱい いばらき

JA農産物直売所一覧