お米の保存方法

食べる・知る
  1. TOP>
  2. 食べる・知る>
  3. お米の保存方法
お米の保存方法
  • 直接日光に当てない
    直接日光に当てない
    日光が当たると、乾燥が進み(脂肪と澱粉が酸化)古米化し、砕米の発生原因になります。
  • 湿気を避ける
    湿気を避ける
    カビが発生し、異臭が出、米粒が柔わらかくなってしまいます。
  • 風通しを良くする
    風通しを良くする
    袋のままでなく、密封容器等に移して保存しましょう。
  • 食べきれない分は
    食べきれない分は
    約3週間で食べきれない分は、密封容器に入れて冷蔵庫の野菜室に入れておくと美味しさが長続きします。
  • キッチンは意外に条件を満たしていないのです
    キッチンは意外に条件を満たしていないのです
    1.火を使いお湯などを沸かすため、他の部屋より温度が高く湿度も高くなる。
    2.冷蔵庫などの電化製品も放熱するし、水仕事の水がかかる恐れもある。
    3.最近は、日のあたる明るいキッチンも増えてきている。
お米にわく虫

お米にわく虫 ノシメコクガ 穀象虫(こくぞうむし)

夏場になると、お米に虫がわき、困ったことがあると思います。
その虫は、ノシメコクガ又は穀象虫(こくぞうむし)などと呼ばれています。
最近は精米精度が高くなり、虫がつくことはなくなりましたが、精米後貯蔵したり、
輸送している間に紛れ込んでしまうことがまれにありますので、
保存容器をまめに掃除してください。