お米の豆知識

食べる・知る
  1. TOP>
  2. 食べる・知る>
  3. お米の豆知識
お米の豆知識
意外に知らないお米のことをまとめてみました。
  • 赤飯は弥生生まれ

    豆知識1赤飯は弥生生まれ
    祝い事の時にたべる赤飯、実は弥生時代から食べられていました。といっても、その頃食べられていたのは日本に最初に入ってきたお米、赤米です。当時、お米はとても貴重で、神様に供えたり祝い事の時にしか食べられませんでした。白米を作るようになってからも、その頃の風習が残り、小豆やささげで色をつける現在の赤飯として伝わっているのです。

  • おしゃれなテイクアウト

    豆知識2おしゃれなテイクアウト
    江戸時代、にぎり寿司を持ち帰るときに笹の葉を使っていました。今でもお寿司に笹の葉がそえてあったりしますね。これには、飾りの為だけではなく、とても重量な働きがあるのです。笹の葉に含まれるサルチル酸という成分が菌を退治し、なまものを傷みにくくしているのです。実用的で見た目も綺麗なんて、一石二鳥のナイスアイデアですね。

  • お水にひと工夫で美味しくな~れ

    豆知識3お水にひと工夫で美味しくな~れ
    毎日食べるご飯だから、ちょっとした工夫で、もっと美味しくなるといいですよね。美味しいご飯を炊く重量なポイントといえばお水。水道水はカルキ臭が気になるし、ミネラルウォーターはちょうっと不経済。
    そんな時には水道水を数時間くみ置きして使ってみてください。カルキ臭がかなり消えてご飯も美味しく炊き上がりますよ。

  • 日本育ちのカレーライス

    豆知識4日本育ちのカレーライス
    日本のカレーはとろみがありますが、本場インドのカレーはサラッとして、とろみがありません。これは主食とするお米の性質が違うせいです。インドのお米は粘りがないのでスープ状のカレーにマッチしますが、日本の粘りのあるお米にはカレーがうまくなじみません。そこで、ご飯になじむ日本独特のとろみのついたカレーが生まれたのです。

  • お米の大切さかみしめて

    豆知識5お米の大切さかみしめて
    具だくさんの炊き込みや混ぜごはんは、見た目も鮮やかで、ついついたくさん食べてしまいます。今に伝わる炊き込みや混ぜごはんは、江戸時代には登場していたようです。農民が、少ない米の中に栗やひえ、芋の葉を入れて増量したのが始まりで、ききんに備えて考え出した生きるための知恵でした。今は四季折々の材料を取り入れられる贅沢な時代。お米のありがたみを感じながら、存分に楽しみましょう。

  • 「主食」があるってとても幸せ

    豆知識6「主食」があるってとても幸せ
    主食は?と聞かれたら迷わず「ごはん」と答えられる日本人。でも、他の国では、ごはんのように主食がある国は少ないようです。フランスではパンとチーズがどちらも主食で、アメリカには、はっきりとした主食がありません。
    栄養バランスがよくて飽きのこないご飯だから日本で主食として定着したのですね。

  • ごはんの大変身

    豆知識7ごはんの大変身
    冷蔵保存したごはんはポロポロで、炊き立てとは大違い。これはごはんの性質が、アルファーデンプンから食べずらいベータデンプンに変身したため。生ジャガイモと同じで、害は無いですが、消化が悪いのです。そこで、食べやすいように熱を加えてアルファーデンプンにします。冷たいから温めるだけではないのですね。

  • 日本生まれの日本育ちのドナタ?

    豆知識8日本生まれの日本育ちのドナタ?
    パエリヤ、リゾット、ドリア、チマキなど世界には、美味しいお米料理がたくさんあります。さて、この中で日本生まれはどれ?答えはなんと「ドリア」。生みの親は、日本の有名レストランのスイス人料理長です。グラタンを日本人向けにするため考え出されました。最近入ってきた洋風料理かと思いきや、昭和10年以前にはもうあったというから驚きですね。パエリヤはスペイン、リゾットはイタリア、チマキはマレーシア料理です。