お米のおいしい炊き方

食べる・知る
  1. TOP>
  2. 食べる・知る>
  3. お米のおいしい炊き方
お米のおいしい炊き方
  1. 洗い
    洗い

    お米を洗うのは、お米のまわりについたヌカや汚れを取るためです。
    大切なのは、すすぎを手早くおこなうこと。ゆっくりと洗っていると、
    水に溶けたヌカ臭をお米が吸収し、ヌカ臭いごはんになってしまいます。

    まずは、きれいな水をいれ、手早く2~3回かき回して捨てます。
    つぎに、お米を手前に寄せ、手のひらのつけ根を使い押すように洗います。
    この繰り返しを水が澄むまで行います。(5回程度)

  2. 水加減・浸漬
    水加減・浸漬

    基本的に精米1に対し、1.4倍の加水量が適正であるが、洗米時に吸収している分を考慮し、1合に対して1合の水が良いでしょう。お好みによって加減をして下さい。

    おいしく炊くには、お米のデンプンを糊化(アルファー化)させることが重要なので、
    内部にまで充分に水を吸わせることが大切です。
    洗米してすぐに炊くと、お米の表面だけが糊化して芯のあるごはんになってしまいます。
    しかし、長時間浸し水分を吸いすぎるとベトついてしまいますので、注意してください。

    夏場で30分以上、冬場は最低1~2時間浸す時間がどうしても無いときも、
    水温が高いとお米が水分を吸収しやすくなるので、
    ぬるま湯に最低10分以上浸して下さい。

  3. 蒸らし
    蒸らし

    炊飯器内の米粒の水分は、炊き上がり後も不均衡な状態なので、
    10~15分はそのままにして置き、その間に釜の余熱で米粒間の水分を均衡にします。

    蒸らしが終わったら、しゃもじを内釜の周辺にそうように入れ、
    そこから返すように手早く混ぜます。あまり力を入れすぎないように。
    これは余分な水分を飛ばして「お米を立たせる」・「味を均一化」するためです。

失敗したご飯を美味しくするマル秘テクニック!
ベタベタする 芯が残った! ボソボソする
水が多すぎると、こうなりがち。
そこで1度切れた炊飯器のスイッチをもう1度いれて再加熱します。あとはたっぷり蒸らして、ふっくらとしあげます。
米3カップにつき大さじ1~1.5程度の酒を振りかけて、1度炊飯器のスイッチをいれます。
しんの残り方がひどい場合は、水を少々加えると良いでしょう。
原因は蒸らしすぎの場合がおおいのですが、そんな時は器にご飯を盛り、少量のサラダ油かみりんをふりかけ、電子レンジに数秒かけます。するとごはんのつやがよみがえります。
残ったご飯の保存法
残ったご飯の保存法

残ったごはんは冷まして(水蒸気を飛ばして)からラップに包み、保存。
1日程度の保存なら器にラップをして冷蔵庫
数日保存なら小分けにしてラップで密封し冷凍庫で保存

このとき、平べったくすると、まんべんなく解凍できます。
ごはんを電子レンジであたため直すときは、水か日本酒を少々ふるとふっくらできます。
また、蒸し器で蒸しなおすと、炊きたてのようなおいしさになります。
冷凍してから、1週間以内にはいただきましょう。