沿革・事業内容

事業案内
  1. TOP>
  2. 事業案内:沿革・事業内容
沿革
昭和5年 茨城県購買組合連合会設立
昭和14年 県信連と合併し、茨城県信用販売購買利用組合連合会設立
昭和18年 農業団体法制定により、茨城県農業会に改組
昭和23年 戦後の組織再編により、茨城県販売農業協同組合連合会(茨城県販売連)と
茨城県購買農業協同組合連合会(茨城県購買連)に分離
昭和27年 茨城県購買連と茨城県販売連が合併し、茨城県経済農業協同組合連合会(茨城県経済連)設立
平成4年 農協の愛称「JA]及び新農協マーク(JAマーク)の使用開始
平成14年 全国農業協同組合連合会と合併
事業案内

全農茨城県本部の取り扱いは、茨城県の農家組合員が生産する米・青果物・牛・豚・その他農畜産物の販売と関連する
生産資材や生活用品の供給など多岐にわたっています。
全農茨城県本部の事業は、主に販売事業と購買事業、営農指導事業に分類できます。

販売事業 県内JAが取り扱う米・青果物・食肉など農畜産物を、市場や消費者へ販売する事業です。
購買事業 農畜産物の出荷に必要な資材、生産に必要な肥料・農薬、生産資材、農業機械、
日常生活に必要な商品・サービスなどを供給する事業です。
営農指導事業 県域営農支援センター(JA茨城県中央会)と生産資材部が連携し、「食の安全・安心」対策や
担い手支援などをおこなっています。
刊行冊子 ビバフレッシュ
茨城の情報満載!JA全農いばらきだより ビバフレッシュ

茨城県内JA、他県本部・経済連、関係団体・関係機関などを対象に、年10回(4・5月号と1・2月号は合併号)発行しております。
内容は、各部門からの「ニュース・お知らせ」、各部門の職員を紹介する「ハツラツ職場」、
みなさまの生活に役立つ「JAふれあい食材」のメニュー紹介などです。
よりフレッシュな情報が提供出来るよう、日々編集に励んでおります。