トピックス
  1. TOP>
  2. トピックス>
  3. トピックス詳細

2017年6月19日

管理部 総合企画課


「全農杯全日本卓球選手権(ホープス・カブ・バンビの部)」県予選会にて農畜産物贈呈


「全農杯全日本卓球選手権(ホープス・カブ・バンビの部)」の茨城県予選会(主催:茨城県卓球連盟)が5月3日、東海村の東海村総合体育館で開かれました。 JA全農は、卓球をはじめとするスポーツの支援を通じて子どもたちの健やかな心身の成長と未来の夢を応援しています。 その一環として、同選手権(主催:公益財団法人日本卓球大会)に特別協賛し、当県本部は予選会に参加した子どもたちへ茨城県産農畜産物を贈りました。この取組みは2013年より続け、今年で5年目を迎えます。

同選手権は、ホープス(小学6年生以下)、カブ(小学4年生以下)、バンビ(小学2年生以下)の各階級で各都道府県予選を勝ち上がった選手が競う大会で、今年度は昨年より参加者が500人ほど増え、約7,500人が各都道府県予選会に参加しました。 茨城県予選会には、昨年度より30名ほど多い172人が参加し、本戦への出場を目指しました。

ラリー
熱戦をくりひろげる選手たち
当県本部では、上位入賞の子どもたち24人に、その健闘をたたえるとともに全国大会での更なる活躍を願い、副賞として「アンデスメロン」「ローズポークカレー・常陸牛カレーの詰め合わせセット」「茨城県産真空パック精米『まるごといばらき』」を贈りました。 また、地元の農産物で卓球をプレーするための健康な体作りをしていただきたいとの思いから、参加者全員に、茨城県のオリジナル水稲品種「ふくまる」の精米パックを贈りました。

表彰
賞状と副賞のアンデスメロンを授与された各階級の優勝選手

同大会の全国大会は7月28日~31日に神戸市で開催します。JA全農いばらきは、今後もスポーツ振興を通じて子どもたちの成長や夢の実現を応援します。
集合

地元農畜産物を食べて、目指せ頂点!