トピックス
  1. TOP>
  2. トピックス>
  3. トピックス詳細

2017年8月10日

管理部 総合企画課


順調に育っています!「『田んぼのがっこう』おむすびレンジャー中間点検」


JA全農いばらきといばらきコープは7月23日、茨城町のポケットファームどきどきで、バケツ稲を育てる「『田んぼのがっこう』2017年度おむすびレンジャー 中間点検」を開きました。 「田植え」「中間点検」「収穫祭」の全3回の催しのうち、今回は2回目で、10家族32名が参加しました。

「おむすびレンジャー」は、バケツ稲作りを通して稲が成長する過程を観察することで、子どもたちに作る喜びや食べる事の楽しさ、大切さを体験していただきたいとの思いから開催しています。

中間点検では、「中干し」など実際の田んぼでの圃場管理について説明したのち、各ご家族のバケツ稲の点検を行いました。子どもたちの育てている稲の中には、すでに出穂し花を咲かせているものもあり、稲の花の小ささと可愛らしさに驚いていました。 また虫がついていたバケツ稲がありその場で駆除し、参加者皆で害虫などからバケツ稲を守る、まさにおむすびレンジャーとしての自覚を新たにしました。

画像1

各ご家族のバケツ稲の生長を確認します

画像2

稲を持ち上げ、根の張り具合を観察

点検後は、有機JAS認定直営農園の野菜やソーセージなどの具材をトマトジュースで炊いた「ふくまる」の酢飯で巻く「ふくまき」作りを行いました。 初めて太巻き寿司を作る子どもやお父さんも多く、どきどき茨城町店森の家庭料理レストラン田村店長のデモンストレーションを真剣な表情で見つめ、技を学びました。各参加家族みなさん上手に「ふくまき」を完成させました!

作業を見守ったお母さんは、「子どもが野菜嫌いなのですが、自分で一所懸命作ったふくまきは美味しく食べていたので、家でも試したいです。」と話しました。
画像3

田村店長がコツを伝授!

画像4

親子で巻いていきます

画像4

できあがった「ふくまき」

次回は9月、いよいよ収穫祭です!参加者全員のバケツ稲がたくさんの稲穂をつけて、豊かな実りとなるよう願いながら、秋の催しに向けて準備してまいります。
画像4