トピックス
  1. TOP>
  2. トピックス>
  3. トピックス詳細

2017年9月13日

畜産部 畜産課


5年に1度の和牛オリンピック 茨城県代表 肉牛で過去最高位!


平成29年9月7日~9月11日、宮城県仙台市に於いて「第11回全国和牛能力共進会」が「高めよう生産力 伝えよう和牛力 明日へつなぐ和牛生産」をテーマに開催され、全国39道府県を代表する513頭の和牛が出品されました。
開催地の仙台市は首都圏からのアクセスの利便性が良いことや、「高校の部」が新設されるとともに、一般の出品区で高校生が30年ぶりに出場するなどの話題性が高くメディアにも多く取り上げられました。 会場では全国各地から24の銘柄牛を試食できるPRブースも設置され、期間中40万人を超える来場者が和牛の魅力を堪能しました。 「常陸牛PRブース」では連日長蛇の列で約2000人に常陸牛の試食を提供し「茨城の常陸牛」の美味しさをPRすることができました。
本県からは、県大会で選抜された3名の生産者(若雌2区1頭、3区1頭、去勢肥育牛9区2頭)が出品しました。 改良組合活動の活性化による増頭意欲の向上を主な目的にした2区には宇佐美 栄一氏(高萩市)、3区には益子 正広氏(大子町)が出品し、入賞を果たすことはできませんでしたが、全国の強豪に対して堂々と挑んでくれました。 生産者からは「5年後は必ずリベンジを果たしたい」と次回への意気込みを口にしていました。

画像1 画像2

(2区:宇佐美氏)            (3区:益子氏)

効率的な肉牛生産を目指し、和牛の肉用牛としての能力の追及を主な目的とした9区には、佐藤 宏弥氏(常総市)が2頭出品し、それぞれ優等賞12席(A5:484kg、10,500円/kg)、優等賞23席(A5:458kg、7,000円/kg)に選ばれ見事 茨城県代表 過去最高位となる入賞を果たしました。 (※参考 A5平均相場:約2,650円/kg)佐藤氏は、「今回の成績は、多くの方々の指導によるもので、また茨城県肉用牛研究所の長年の改良の賜物だと思う。次の目標は、自分の種雄牛で挑戦してみたい」と関係者へ感謝とねぎらいの言葉を口にするとともに次回への意欲を力強く語っていました。
画像3 画像4

(9区:優等賞12席)      (9区:佐藤氏)

        提供:公益社団法人全国和牛登録協会

        撮影:帯広畜産大学 口田圭吾教授

枝肉を競り落とした全農茨城県本部 吉葉担当は、「脂肪交雑が抜群で、脂質や枝肉のバランスがよく、和牛のうまみ成分の指標になるオレイン酸の含有量が高い素晴らしい枝肉だった」と評価しました。
画像5

最終日 ふき号(高萩市)、ひなまつり号(大子町)ともに