トピックス
  1. TOP>
  2. トピックス>
  3. トピックス詳細

パールライス新米キャンペーン2011の実施について

全農茨城県本部では、お米の消費拡大と、パールライスへの日頃のご愛顧に感謝し「パールライス新米キャンペーン」を以下の日程にて実施いたします。
ぜひこの機会にパールライスを食べて、常陸牛やローズポークを当ててください。


新米キャンペーン賞品 :
        ≪特賞≫常陸牛ロースすき焼き用700g/100名様
        ≪パールライス賞≫ローズポーク味噌漬セット((ロース豚肉80g×2+たれ40g)×4)
         /100名様


実施期間 :平成23年新米出荷開始頃~10月31日(月)


実施店舗 :JA(支店、直売所)、㈱カスミ、㈱タイヨー、サンユーストアー、マルト、イオン、
         マックスバリュ、かわねや、カワチ薬品、セイブ、どきどき、県内米販売店等


対象銘柄 :パールライス銘柄として販売されている下記商品
         茨城県産コシヒカリ(5kg・10kg)・あきたこまち(5kg)・ゆめひたち(5kg・10kg)


応募方法 :精米袋に張ってある「応募券」を1枚1口とし郵便はがきに貼り、郵便番号・住所・
         氏名・年齢・性別・電話番号・職業・お買上げ店舗名・お買上げ商品名をご記入の
         上ご応募ください。はがき1枚につき1口とし、お一人様何口でも応募いただけま
         す。


応募券
      
応 募 先 :〒310-8799日本郵便(株)水戸支店留
          パールライス新米キャンペーン2011係 行


応募締切日 :平成23年10月31日(月)当日消印有効


当選者発表 :厳正な抽選の上、商品の発送をもって発表
          にかえさせていただきます。


お問合せ先 :パールライス新米キャンペーン係
          TEL:029-219-1600(受付時間9:30~
          17:00 土・日曜・祝日を除く)

 

(2011.8.15)

「au いばらき元気発信プロジェクト」について

いばらき元気発信プロジェクト
      画像クリックで拡大します(PDF)

全農茨城県本部では、「au いばらき元気発信プロジェクト」に協力し、県内青果物を提供(有償)しています。
 このプロジェクトは、茨城県内のau携帯電話販売に伴うKDDIの利益の一部を、茨城県災害復旧対策本部に災害義援金として寄付する取り組みです。
 なお、提供した青果物は、2011年7月23日から9月30日の期間(土・日限定)、茨城県内の一部auショップにおいて、1日200袋(小分け)を用意し先着で無料配布する予定です(店舗にて簡単なアンケート有り)。 是非、足を運んでみてください。


<実施予定店舗>
・7月23~24日 auショップ守谷
・7月30~31日 auショップ鹿嶋
・8月 6~ 7日 auショップ水戸見川
・8月13~14日 auショップ竜ヶ崎
・8月20~21日 auショップひたち野うしく
・8月27~28日 auショップ日立
・9月予定     auショップ土浦北
※いずれも午前11時~18時での開催予定。




(2011.7.22)

ローズポークの出荷を再開します

 ローズポーク

 日頃は、「ローズポーク」の格別のお引立てを頂き、厚く感謝申し上げます。

大変お待たせしました、ローズポークが食卓に戻ってきます!
 今回の震災の影響で銘柄豚としての条件が整わないため、3月28日(月)出荷分の豚より「ローズポーク」としての販売を一時休止しておりましたが、飼料工場で「ローズポーク専用飼料」が4月より供給可能となったことから、6月1日(水)より「ローズポーク」としての出荷を再開することとなりました。

ローズポーク


 再開に際しましては、より一層の品質向上に心がけ生産を行ってまいりますので今後も引き続きご支援・ご愛顧をよろしくお願いいたします。




(2011.5.13)

生産者への応援メッセージをいただきました

 生産者への応援メッセージ

 平成23年4月19日(火)茨城県本部において、いばらきコープの樫村理事、河野理事、根本専務補佐他2名より応援メッセージをいただきました。
 いただいた応援メッセージは、手作りでエリア委員や組合員理事の皆様からの茨城の生産者への心温まる激励のメッセージとなっています。
 柴田県本部長は、「原発事故はなかなか先が見えず、生産者も大変な状況が続いている。このような中で消費者の皆様さんからの応援はとても励みになる。コープの皆様からの応援にはとても感謝している。これからもよろしくお願いしたい」と感謝の言葉を述べました。

 これまでも、茨城県本部といばらきコープは、平成20年より惚れぼれ収穫祭を共催するなど生産者と消費者の懸け橋として連携して事業を進めております。
 また、2月には「いばらきコープ・全農茨城県本部意見交流会」を開催するなど事業交流を進めております。
 風評により、農畜産物の販売環境は厳しい状況にありますが、生産者と消費者が連携して地域の農業を守り、お互いが安心して生活できる環境を事業を通じて構築できるようにさらに協力を進めてまいります。

(2011.4.25)

「がんばろう!!日本。がんばっぺ!!茨城」開催について

 茨城県では、これからが旬の農畜産物がたくさんあります。でも・・・風評で価格は低迷し、大変困っています。
 生産農家は、自分たちの作った野菜を食べてもらいたい、そんな気持ちで被災後も農作業をつづけています。
 私たちJAグループ茨城では、茨城県産の農畜産物をたくさん食べていただき、生産者も消費者もともに元気になろう!そんな思いでチャリティー販売を実施いたします。
また、今回の売上金はすべて被災地域への支援といたします。是非、お近くの方は会場へ足を運んでください。お願いいたします。


日  時 :平成23年4月10日(日) 10:00 ~ 15:00


場  所 :中目黒アトラスタワー脇 (東急中目黒駅近く)
        東京都目黒区上目黒1丁目


出店品目:茨城県産主要農畜産物(レタス、トマト、きゅうり、かんしょ、水菜、青梗菜、メロ

        ン、小玉すいかなど茨城県産農畜産物)


協  力 :東京都食肉事業協同組合目黒支部



(2010.4.8)

鳥インフルエンザの発生を防ぐために

 ゴシゴシくん
      画像クリックで拡大します(PDF)

 鳥インフルエンザが国内で続発しています。野鳥からのウィルスの侵入ルートが、その発生要因のひとつと考えられますが、原因に対して有効な対策を検討する必要があります。
 まず①すずめなどの小鳥を含む野鳥や、ネズミや野生動物の鶏舎への侵入を防止することです。鶏舎の外に飼料を散らさないとか周辺を舗装したりしてネズミが好む草むらをなくし、清掃を徹底することの他、野鳥が入らないよう、鶏舎の出入り口を開けっぱなしにせず、壁の隙間を塞いだり、防鳥ネットを入口や換気口に張ることです。


 また②水の衛生対策です。池の水は飲水や水洗として使用しないとか、使用する場合は飲水添加機(ドサトロン)で塩素を添加して使用するようにします。


 加えて③人や車両等の出入りに留意することです。鶏舎専用の作業着や長靴を設置して、長靴の消毒には靴底クリーナー(ゴシゴシ君)を踏込み消毒槽の前にセットして、長靴の底を都度キレイにしてから消毒槽に踏み込みましょう。
部外者の農場立ち入りを制限することはもちろんですが、消毒ゲートや噴霧器(フォッグマスターやタイヤ消毒マットなど)で消毒し、鶏舎の中や外、周辺の消毒を徹底します。
農場内や鶏舎に入れるものは卵のラックや廃鶏のカゴなども消毒してから持ち込むように徹底することが重要です。
農場防疫チェックシートなどを作成して、日常的に農場内や鶏舎内の防疫に努めましょう。



(2010.2.21)

2代目「らら」デビューです!

 2代目らら

 ポケットファームどきどきには、「らら」というミニブタのマスコットがいます。「ららの家」は時計台の左側(事務所入り口そば)にあります。
 長年可愛がられ、親しまれた初代の「らら」は昨年の5月に天国に旅立ちました。
 このたび、2代目「らら」が静岡からやってきました。好きなことは、お昼寝とお散歩。おまわり、お手、おすわり等を特訓中です。
 まだ子供ですから、ちょっと気まぐれでわがままですが、とっても可愛いです。
 お天気の日には時々園内を散歩していますので、見かけた時には「らら~」と声をかけてあげてください。

(2011.1.19)

介護食がもっと美味しく、手軽に!!

 介護食グランダペティー
          画像クリックで拡大します

 JA全農いばらきが原料供給する「介護食グランダペティ」が、いばらきデザインセレクション2010で知事選定を受けました。


 グランダペティとは、野菜や肉、魚介類等の食材をムース上に仕上げたソフトミールです。
介護食、離乳食からアスリートの栄養補給に普段のお食事にまで用途は様々。
 これまでの「きざみ食」や「ペースト食」とは異なる見た目に、素材本来の香りや味、手軽さが評価され知事選定を受けました。







※いばらきデザインセレクション・・・いばらきブランドの育成を目的として県内中小企業のデザイン開発意欲の増進を 図る「いばらきデザインフェア」の一環として開催されるもの。今年で6年目を迎えます。


【お問い合わせ】
株式会社エス・アイ・ティー http://www.appetit.jp
いばらきデザインセレクション http://www.idesign-c.jp/

(2010.12.10)

『NHK歳末たすけあい』募金へ寄附

 NHK歳末たすけあい募金

 全農茨城県本部は、平成22年12月1日(水)にNHK水戸放送局において「NHK歳末たすけあい」募金へ寄附しました。
 当日は、当県本部の川津副本部長と茨城大学学生赤十字奉仕団の安達祐香さんがNHKを訪れそれぞれ寄附をおこないました。
 川津副本部長は、国内の援助を必要とする子供たちや体の不自由な方々、介護を必要とするお年寄りなどに使っていただきたいと、目録を手渡しました。
 NHK水戸放送局山口局長、日本赤十字茨城県支部永見事務局長、茨城県共同募金会岩上副会長からは、感謝の言葉と募金の用途などについて心強い言葉をいただきました。


 茨城県本部の募金額は144,308円で、これらは全農の「NHK歳末たすけあい全国統一広報活動」として、県本部・子会社(茨城協同食肉株式会社・株式会社全農ライフ茨城)の役職員からの募金、ポケットファームどきどきの店舗や11月18日(土)~19日(日)にかけていばらきコープと共催した惚れぼれ収穫祭において設置した募金箱へ寄せられた募金の総額です。


 全農茨城県本部は、これからも募金活動をはじめ広く社会貢献活動に取り組んでまいります。

(2010.12.01)

『たべる、たいせつ惚れ2収穫祭2010』

 惚れ2収穫祭
      画像クリックで拡大します(PDF)

 JA全農いばらきは、いばらきコープと共催で、11月20日(土)・21日(日)の二日間、ポケットファームどきどき前特設会場(農機総合センター駐車場)にて、「たべる、たいせつ惚れ2収穫祭2010」を開催します。


 「見る」・「知る」・「聴く」・「食べる」・「感じる」を通じて食の大切さを実感してもらうとともに、特設ステージでは、いばらきコープやどきどきの生産者による来場者参加型のイベントを行います。



 20日(土)には昨年同様、茨城放送による公開生放送や、テレビアニメでお馴染み『忍たま乱太郎』のキャラクターショーを予定しております。


 今年は新たにお米をメインテーマとしたブースを設営し、「もみすり体験」や「わら細工作り」等を行います。 さらに、新鮮野菜や常陸牛、ローズポークなどの試食販売を行うブースを設け、小さいお子さんから大人の方まで一日中楽しめるイベントとなっておりますので、たくさんの方々のご来場をお待ちしております。


日時:11月20日(土)9:30~16:00
        11月21日(日)9:30~15:00


会場:ポケットファームどきどき前特設会場
    (JA全農いばらき 農機総合センター駐車場)

(2010.10.19)