バケツ稲観察日記
  1. TOP>
  2. バケツ稲観察日記

バケツ稲観察日記

平成29年5月22日(月):植えつけ9日目

植えつけてから約10日が経ちました。植えつけた日は肌寒いくらいの天気でしたが、この数日は暖かい・・・というよりは暑い日が続きました。
気候の変化が激しかったので、稲苗の生長を心配していましたが、稲の草丈は順調に伸びています。
また草丈だけではなく、よく見ると茎から新しい葉が出て、稲のボリュームも少しずつ増しています。
苗9日目      分げつ

      9日目のバケツ稲。          茎から新たな葉が出てきました

先週は頼りなく、強い風が吹けば抜けてしまいそうだった稲苗も、今は軽く引っ張っても抜けず、きちんと根は田んぼに張ってくれているようです。根の張りが確認できたので、バケツ稲に張る水の量も少し増やしました。
稲苗を見てみると、葉が茶色く変色しているものもいくつかありますが、新たな葉はどんどん出てきますので、枯れたと思って抜かず、しっかりと見守ってあげましょう!

(H29.5.24更新)


バケツ稲観察日記

平成29年5月16日(火):植えつけ2日目

5月14日、いばらきコープと共催で開催した「おむすびレンジャー」にて、参加したお子さんたちと一緒にバケツに稲を植え付けました。
今年も秋の収穫まで毎週、「バケツ稲観察日記」にて生育状況をレポートします!

2日目
昨年のバケツ稲観察日記でも触れましたが、植えつけ直後は「水を絶やさないこと」が大切です。
植えつけた直後は根が土に張り切っていないので、水を入れすぎると稲苗が抜けてしまうことがあります。抜けないように注意しながら、毎日水を足していきます。
苗2日目      アリ

苗3~5本を一株にして植えつけました  さっそくアリが様子を見に訪れました

5月は気温差が激しい日々が続き、ちょっぴり心配ですが、収穫までしっかりと見守っていきます。

TOP