バケツ稲観察日記
  1. TOP>
  2. バケツ稲観察日記

バケツ稲観察日記

平成30年6月19日(火):植えつけ30日目

今日の天気は久しぶりに晴れです。少しじめじめしていますが、陽の光を浴びながら、早速バケツ稲の観察を始めるとまた雑草を発見したので駆除しました。
30日目
今週からバケツ稲の生長をより明確にお伝えするため、基準苗の草丈の高さを計測することにしました。今週は51cmでした。
昨年の日記を見てみると45日で同じ高さでした。しばらく陽の光もなく、気温も低かったので心配していましたが、バケツ稲はしっかりと成長しています。
30日目135
植えつけ本数を分けたバケツ
写真で見ると5本と10本の見た目の区別がつきにくくなってきたような・・・
次は植えつけ本数を分けたバケツ稲の観察です。まずは、苗1本のバケツ苗はたった1本でもしっかりと伸びています。草丈の高さもほかの2つと大きな差はありません。
5本と10本のバケツは根元を見てみると株数の違いはありますが、一見した際の差は以前よりも少なくなってきました。

苗を植えつけてから約1か月。まだまだ収穫までの道のりはありますが、楽しみながら観察を続けていきます。

(平成30年6月19日掲載)

バケツ稲観察日記

平成30年6月11日(月):植えつけ22日目

気温の高低さが激しい日々が続いています。天気は台風が近づくとの予報で、観察日の朝は雨が降り、風も少し強いといった天候でした。
22日目
すべての苗が順調に生長中です
バケツ苗は葉の色が先週に比べ濃さを増し、草丈も伸びました。
毎日の観察では、稲の伸び具合や水の補充だけでなく、土面も必ず確認しています。
一つ一つ確認すると、雑草が生えているバケツを発見。「稲に行きわたるべき栄養が、雑草に奪われては大変!」とすぐに抜きました。
22日目基準稲 22日目135
じめじめした不安定な天気が続くと、稲がカビ菌に浸食されたり病気のリスクが高まります。
梅雨に入りましたが、観察の際には葉の伸び具合だけでなく、葉に斑点がないかなど異変をしっかりとキャッチしましょう。

(平成30年6月12日掲載)

バケツ稲観察日記

平成30年6月4日(月):植えつけ15日目

週末、水戸は最高気温が27度を記録し、とても暑い1日でした。バケツ稲のようすが気になり、朝さっそく観察しました。
15日目
今日のバケツ稲。遠くから見ても苗の生長を感じます。
15日目基準稲
基準にしている稲も先週に比べて元気です!
まず週末の2日間で一気に草丈が伸びました。先週は茶色に枯れた葉が一部目立っていましたが、もう気にならないほど鮮やかなグリーン色の苗になってきました。
また葉、茎ともに前回の観察時よりも太くなっています。稲の生長を目にすると、「これから葉と茎が、太陽の光と水をたくさん吸って、ぐんぐんと伸びていくはず!」と期待も高まります。
水量や水温を気にしながら管理し、稲の成長を支えていきます。
1510
植えつけ本数をわけたバケツ稲もピン!と草丈を伸ばしてきました

(平成30年6月4日掲載)

バケツ稲観察日記

平成30年5月30日(水):植えつけ10日目

植えつけ直後は特に暑い日が続き、元気がないようで心配しましたが、順調に育っているようです。 これから生長が進むと、水をたくさん必要とするのでタイミングを逃さないようにしていきます。
10日目
10日目の苗。風になびくと、飛んでいってしまいそう!?
強い風が吹くと、そのまま風が苗を運んでいってしまいそうですが、苗をやさしく 引っ張ってみると、きちんと根が田んぼに張っていたので大丈夫。安心しました。

昨年は植えつけてからおおよそ120日で苗の刈取りを行いました。道のりはまだまだありますが、しっかりと見守っていきます!
1510
植えつけ本数を変えた3つのバケツ稲。
苗1本のバケツもしっかりと葉が増えています!

(平成30年6月1日掲載)

バケツ稲観察日記

平成30年5月20日(日):植えつけ当日

いばらきコープと共催で開催した「おむすびレンジャー」にて、今年も参加したお子さんたちと一緒にバケツに稲を植え付けました。
秋の収穫まで毎週、「バケツ稲観察日記」をつづってまいります。
今年は「バケツ稲の栽培の基本を忘れずに、収穫まで楽しむ!」ことをテーマに、しっかりと見守っていきたいと思います。
植えつけ
植えつけ当日のバケツ稲
写真を見てみると、一見していつものバケツ稲植えつけ時のものと同じですが、今年は一部のバケツで植えつける苗の本数を1本・5本・10本と変えてみました。
1510 1本
左から植えつけ本数1本・5本・10本のバケツ    植えつけ本数1本のバケツ
植えつけ本数1本のバケツは、他の苗に比べて風になびくと飛ばされていってしまいそうに見えますが、これからどのように育っていくでしょうか。これからの成長が楽しみです!

そして毎年初回の日記で触れていますが、植えつけた直後に気をつけなければいけないことは、「水を切らさないこと」です。十分に水を張って、稲に土の養分を吸わせてあげましょう。

(平成30年5月21日掲載)

バケツ稲観察日記

平成30年5月18日(金)

今年もバケツ稲観察日記を更新していきます。

5月23日の週より、週に1度更新してまいりますのでお楽しみに!

【参考】29年の記録はこちらから!
http://www.ib.zennoh.or.jp/contents/news/topics/t_kansatsu29.html
ほなみ

TOP