ファーム案内

ファーマーズポケット

ファーマーズポケット

「食べ物としての野菜」
そんな野菜を売ってゆきたい

食べ物としての野菜?ちょっと聞きなれないかもしれませんが、今の野菜の本当に食べ物という考えで作られていますか?
食べ物と言う視点で品種を選び、栽培方法を決め、収穫の頃合ごとに変わる野菜の顔を見つめながら、皆様にお伝えしながら販売する。そんな直売所を目指します。

直売所
直売所

おいしさのヒミツは?
なんといっても、とれたての野菜!!毎朝生産者が大事に育てた野菜を並べているから、美味しい野菜が揃うのです。 作り方にもこだわっているので、そのまま生で食べても美味しい!!
また、加工食品においても地場産のものを中心に、作り方・原材料にこだわった商品を取り揃えております。 商品の数が少ない野菜もありますので、早めのご来店がおススメですよ。なかなかお目にかかれない珍しい野菜などもあるので、目でも楽しめる直売所です。

精肉コーナー
精肉コーナー

茨城県の銘柄黒毛和牛「常陸牛」とローズポークを堪能できるギフトをご用意しました。
茨城県の銘柄牛「常陸牛」は、指定生産者の情熱と、磨かれた飼育管理技術、そして厳選された飼料のもとに育てられ、 食肉取引価格A、Bの4・5等級に格付けされた肉質の優秀なものだけが「常陸牛」と呼ばれています。 ローズポークは県の花「バラ」にちなんで名づけられた安全な銘柄豚肉です。
飼育する豚は、両親が7世代に渡って選抜された系統豚を、厳しい条件をクリアした指定生産者がローズポーク専用飼料で育てています。 つまり「育てる人」「育てる豚」がはっきりしているから安全で安心な豚肉なのです。

精肉コーナー
精肉コーナー 国際コンクールでいくつもの賞を受賞した手作りハム・ソーセージをご賞味ください
2002年SUFFA
銀賞・銅賞8個受賞
2004年IFFA
金賞2個受賞
2005年SUFFA
金賞1個・銅賞1個受賞
2008年SUFFA
銀賞1個・銅賞1個受賞
  • なんといっても原料のお肉は茨城が誇る銘柄豚ローズポーク、精肉コーナーで人気のお肉で作られています。
  • 増量剤(大豆タンパク等)は使いません。つまり1キロの肉を仕込むと出来上がりは3割位目減りしてしまうのです。 ローズポークの旨みをギュッと凝縮して作っています。
  • 非常に致死量の高いボツリヌス菌を抑える最小限の量の発色剤(亜硝酸ナトリウム)を使用した低添加仕様です。
  • 薫煙は日本人の好みに合う桜のチップを使いきちんと薫煙しています。

ポークジャーキーができるまで
どきどきではローズポークを1頭買しておりますので、1頭から取れるお肉の量も限られてしまいます。 ポークジャーキーは毎日作っていますが、1枚1枚手作りするので、1日に作れる量が限られてしまいます。 今回製造工程をホームページでお見せすることによりお客様にご理解していただけたらと思います。

  • ポークジャーキーができるまで① 豚のモモ肉(内モモ、外モモ)の部分を使って作ります。どきどきでは1頭買いをしているので、1頭から2本しか取れません。 モモの部分はジャーキーだけではなくハムにも使うし、ソーセージにも使います。原料としては1日8~9キロを使っています。
  • ポークジャーキーができるまで② ローズポークのモモをスライサーにかけ、2~3㎜の厚さにスライスします。
  • ポークジャーキーができるまで③ ドイツから取り寄せているスパイスを水に溶かし、漬け込む。
  • ポークジャーキーができるまで④ タレに1枚1枚漬けてバットに入れる。一晩冷蔵庫で寝かせます。
  • ポークジャーキーができるまで⑤ 一晩寝かせた状態です。
  • ポークジャーキーができるまで⑥ 午前中にジャーキー職人塙さんが朝毎日網に一枚一枚丁寧に並べて焼いています。
  • ポークジャーキーができるまで⑦ 並べ終わりましたらスモークハウスへ入れて乾燥30分、スモーク10分、そしてまた乾燥をさせる。この工程は1時間ほどかかります。
  • ポークジャーキーができるまで⑧ そして出来上がりです。

8~9㎏の原料から4㎏のポークジャーキーしか作れません。
ジャーキーは平成13年から作っており、それ以来ずっと同じ味です。スパイスも始まったときからずっと変わりません。 同じ味を保つためには食感が大事です。いかに肉の厚みを均一にするかが大切で、(厚く切ると味がしみこまなくなり、薄くきるとしょっぱくなる。) そうすることにより味のばらつきがなくなります。自分の手と目で見て厚さを決めるので、そこが一番のポイントです。

手作りパン工房
手作りパン工房

なんといっても粉からこねて手作りで作っています。国産小麦を出来る限り使い、天然の発酵種で作っています。 (一部、十穀など輸入物の原料が混ざっている商品もあります) 茨城産米の米粉も使用しています。 臭素酸カリウム等発がん性の疑われる添加物は使用していません、発酵種による長時間発酵で自然に任せているので、焼け上がり時間が分からなかったり、 ふわふわ食感のパンがなくて堅めのハード系のパンが多くてごめんなさい。でもこのほうが自然に近いパンですよ。

どきどき食堂
どきどき食堂

新しく日替わり定食が登場しました。
月曜日のローズポークの生姜焼きをはじめ、どきどきらしい食材や調味料にこだわった定食をご用意しております。
定番のラーメンは野菜だけで仕上げている優しい味わいで、どきどき自慢のハムソーセージ工房のローズポーク・チャーシューを贅沢に乗せています。

どきどき店内でお買い上げ頂いたお弁当やパン・ピザなども食堂でお召し上がり頂けますのでコーヒー1杯からでもお気軽にご利用下さい。

営業時間 9:30~16:30  ランチタイム 11:00~15:00

  • 日頃の感謝をこめて… オリジナルギフトカタログ
  • 田村シェフの旬レシピ
  • 手作り体験教室 予約受付中
  • どきどきネイチャークラブ会員募集のご案内
  • JAタウン

土のよろこびを人のよろこびへ…

「ポケットファームどきどき」とは、“土喜瞬間”と書いて“どきどき”と読みます。土に親しんでもらい、ときめいてもらいたいという気持ちを込めて名付けました。

「ポケットファーム」とは、“小さな農場”と“四次元ポケット”という2種類の意味が含まれており、「これから色々なものを出していきたい」という願いが込められています。

どきどきからのお知らせ

ポケットファームどきどき つくば牛久店

photosnap